みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小売と新聞の死、オーガニックビジネスの成長
昨日地元のショッピングモールの近くを車で通りかかったら、地場のGottschalks(ガッチョークス)というデパートが「閉店につき全60%オフ」という看板を見かけました。昨年末にはMervyn'sというやはり北カリフォルニアベースのデパートが倒産したばかりなので、地元のモールにはMacy'sとSearsという全米チェーンしかなくなりました。

Gottschalksはやや年配向けの品揃えという印象はありましたが、地元では信頼のおける老舗というイメージで、結婚当時ここでウェディングレジストリーを作り、サンタクルーズでの披露宴に招待した人々にこちらでギフトを買ってもらったので、ここがなくなってしまうというのはかなりショックでした。

Macy'sといえばNY本店のサンクスギビングのパレードでも有名な全米チェーンですが、ここも景気低迷で売り上げは大幅ダウンしているようで、株価もがっくり下がっています。一般のアメリカ人は銀行預金の額ではなく、クレジットカードのスペースに基づいて買い物をするので、カード会社が軒並みクレジットの限度額を下げている現在、収入が下がっていない人も買い控えをするようになるのだと思います。

時を同じくして全米で問題になっているのは新聞各紙の存亡です。アメリカには日本のような全国紙というものがなく、NYタイムスやワシントンポストのような大手新聞も、それぞれの都市をベースにしています。わたしの住むサンタクルーズの地元紙、サンタクルーズ・センティネルは昨年サンノゼマーキュリーに買収され、ダウンタウンのオフィスが閉鎖されたのですが、今度は大手誌のサンフランシスコ・クロニクルが閉鎖の危機に陥っています。(関連記事

オーナーであるハースト社が、従業員が大幅給与カットなどに同意しなければ廃刊にする、と脅しているのだそうです。2月の末にはフィラデルフィア・インクワイアラーが倒産したそうで、全米で軒並み広告収入の激減とともに各新聞も廃刊の危機にあるのです。

広告主の予算が激減していることも事実ですが、ネット上では広告収入が増え続けている、フェイスブック、トウィッターといったメディアがあります。明らかに広告主が広告を出す媒体を変えているのです。またアマゾンの2008年Q4は対前年で18%の伸びだそうです。

今回の不況は、紙媒体や現場の小売、というビジネスモデルを基本的に淘汰するものになったようです。

ところで、サンタクルーズで目立った成長を見せているビジネスがあります。それはニューリーフNew Leafというオーガニック&自然食品のチェーンです。ここのポリシーは、極力オーガニック、サステイナブル、なおかつ地元農家優先の仕入れ、ということで、つい先月にも我が家から歩ける距離に、大型店舗がオープンしたばかりです。全米でもホールフーズWhole Foodsという同様のチェーンが爆発に成長しており、サンタクールズにもすでに1店舗がオープン、さらにもう一店舗オープンの予定です。

書籍や新聞はオンラインで購入、というのはわかります。さらに洋品や家電はショッピングモールで手にとって見、試着し、オンラインで価格を比較して購入するわけです。そして、食品のように新鮮さや安全性といった、手にとって確認したいものは、今後も売り場を必要とする小売で、というわけですね。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。