みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「温暖化防止=原発容認」の誤解
どうも政治ブロガーの間では、「温暖化ストップ=原発容認」という流れになっているようで、みーぽんもはからずも「原発容認派」の一員に数えられているような気がしないでもありません。柏崎刈羽原発地震による事故以来、原発のことはいずれきっちり話題にしたいとは思いつつ、余裕がありませんでした。

わざわざ立場を明確にする必要もないと思っていましたが、わたしは基本的に反原発派です。どこを掘っても温泉が出るような国柄で、なんでわざわざ核分裂まで起こしてお湯を沸かさなくちゃいけないんでしょう?

まあそれはジョークとして、田中優氏の「戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方」には、原発建設の際に、日本の保険会社が世界最大の保険会社ロイズに再保険を依頼した際に、地震国に原発を建てることはリスクが高すぎるとして引き受けを断られた旨が紹介され、脱原発と脱石油は両立できると主張しています。わたしもかれの主張に同感です。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

参院選:テレビはいまだ強し
リアルで多忙でネットを開く余裕がないままに参院選は終わりました。

安倍晋三率いる自民党は予想通り大敗、まずは喜びにひたりたいと思います。今回は年金問題もあり、従来の自民党の支持層までも「お灸をすえる」といって民主党に票を投じたことが大きかったでしょう。みーぽんは選挙区は民主党、比例区は9条ネットに入れたので、一勝一敗でした。

安倍政権にはNOといっても、小泉元首相の人気は相変わらず高いそうですから、「小泉新党」の動きがあるかどうかも含め、これが「民主党への支持」ではなくあくまでも安倍首相へのNOだったことを肝に銘じて今後の動きに注目する必要があるでしょう。

[READ MORE...]
「不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む (4)
この記事は「不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む (3)の続きです。アル・ゴア1992年の著書「地球の掟- 文明と環境のバランスを求めて」をご紹介しています。

今日のエントリでは11章から13章をご紹介します。環境問題に対する技術偏重の限界、文明自体の機能的、精神的な病理の心理分析、そして環境問題に宗教やスピリチュアリティはどう対応してきたのか、というやや哲学的、観念的な内容を含みます。

ゴアの広く深い思索の旅には寄り道もありますが、表面的なブームやトレンドで終わらせないために、環境問題に真剣に取り組みたいと思う人なら、彼の思索の足跡をたどってみることは非常に価値があると思います。

[READ MORE...]
台風4号、中越沖地震と柏崎原発:参院選のキーワードに「温暖化対策」も!
連休は台風と地震で一色、参院選はすっかり後ろに追いやられました。台風と温暖化の関係に気付いておられる方は多いかもしれません。もちろんIPCCの報告書にも、海水面の温度の上昇と、台風やハリケーンなどの強度が増す可能性があるとしっかり述べられています。

そして昨日は新潟県中越沖地震、一夜明けて、いまのところ死者9人行方不明1名だそうに上っているそうです。そして、多くの方はすでに予想されていたであろう、柏崎原発からの放射能漏れはすでに海外でも大きなニュースになっています。新潟では3年前に中越地震があったばかりなのに、その後地震対策にはどんな強化がされていたのでしょう?

今朝NHKのテレビのニュースでいっていたのは、柏崎原発の耐震設計においては、周辺の活断層を考慮に入れていたが、今回の地震の震源地は予想外の場所だった、という説明でした。3月の能登半島沖地震の際 にも、場所が海域であるため 政府の「地震動予測地図」にも記載されていない という説明がされていましたが、海に囲まれた日本の場合、まだまだどこが震源になって地震が起こるかは掴みきれないということが明らかになった気がします。

[READ MORE...]
不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む (3)
この記事は、不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む (2)の続きです。

ここからはみーぽん個人にとって、もっともわくわくする9、10章をご紹介します。

9章自治の力 では政治、とくに環境民主主義における自治の原則の重要性、さらにアメリカの役割について、10章エコノミックス(生態経済学)においては既存の経済学、経済指標の限界、さらに環境対策の企業活動にとってのメリットについてが述べられています。
[READ MORE...]
不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む (2)
この記事は 不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む(1)の続きです。

7章以降の説明に入る前に、前回のエントリに対し、デルタさんからコメントをいただいたので、それに対する考察からはじめたいと思います。

まず、(1)自然科学的な「正しさ」を求めることと、社会的・経済的なリスク回避とは必ずしもイコールでないこと。-中略 CO2排出規制しか対策しない(対症療法的な準備をしない)のは、私にはそもそも怖ろしいのですについて。

一番大事な点だと思いますが、現在の地球環境の問題は「CO2による温暖化」に矮小化してとらえるべきではないという点です。この点についてはゴア、わたし、デルタさんも共通していると思います。「気温が上昇している」ことはひとつの現象であって、温暖化を認めようが認めまいが、大量消費&廃棄の文明を地球のシステム(大気、生態系、水系、地表)が許容しきれなくなっているというのが環境問題の根幹でしょう。

[READ MORE...]

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

参院選いよいよスタート!
参院選いよいよ公示日ですね。わたしのブログにグーグルサーチで偶然きてしまった方、参院選にはぜひ行きましょう!以前山口二郎教授のブログにありましたが、民主主義の実践は、「より悪くないほうを選ぶ」しかない。理想の政党や政治家があらわれるまで投票しないのでは、政治家に白紙委任しているのと同じです。

選挙に関連して必見記事をご紹介します。

らんきーブログさん、安倍晋三政権まとめ


ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報
、アルルさんの
「なぜ憲法九条が日本にとって最大の安全保障なのか?」 ~天木直人氏に会う~
天木直人氏は政治的にはむしろ保守愛国の立場です。それでも左派が集まっている9条ネットから出馬する決心をされました。右の人にも左のひとにも真ん中だと思う方にもぜひ読んでいただきたい記事です。

NBオンライン (以前も言いましたが、NBオンラインは日経新聞とは別会社、切り口の鋭い記事も多く、登録おすすめです。)
参院選に何を問うか
安倍晋三が、小泉改革の路線を踏襲するといって登場しながら、改革(民間に委譲する)よりは公を強化する路線を強めているという点、しかも本人が「戦後レジーム」を変えてどうしたいのか煮詰めきっていないのでは、と分析しています。面白い記事です。

ネットは民主主義の実践にとって、最強のツールだと思います。そこにも規制が課せられようとしています。情報流通促進計画byヤメ記者弁護士さんのブログに詳しいです。(Rolling Beanさんのブログを通して知りました。)

今後もそういう規制が課せられないためにも、「より悪くない」候補者を見極めて、投票したいと思います。

不都合な真実の原点:「地球の掟」を読む (1)
この週末、「不都合な真実」のDVD版を見、また1992年にゴアが出版した、映画の元になった「地球の掟 -文明と環境のバランスを求めて」を読み終えました。

基本的に「不都合な真実」は「地球の掟」のダイジェスト版と言えるぐらい、内容的には重なっています。もちろん映画のほうは15年間分の最新の研究の成果がアップデートされているわけですが。 最初の数章を読んだだけで、15年前に書かれたにも関わらず、本書の持つパワー、価値はまったく薄れていないどころか、ますます強まっているという印象を受けました。

もちろん15年間の変化は加味して考える必要がありますが、今でも必読書といっていいと思います。それはこれが「環境の現状について」の情報本ではなく、「地球環境の変化をどう理解するか」わたしたちの思考の枠組み自体を変えるよう挑戦している本だからです。
[READ MORE...]

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

久間辞任もナショナリストの排除?
とうとう久間防衛大臣が辞任し、安倍"論功行賞”内閣は自滅したように見えます。テレビで見る安倍首相の顔色も日に日に疲労度が増しているように思えます。深読みしすぎかもしれませんが、あたかも誰かが「利権在庫一掃セール」を仕組んで、外資導入への露払いを着々進めているかのよう、すなおに喜べなくなってきました。このブログをはじめた理由のひとつはネオコン(アナクロ&ネオリベ)な安倍首相に対する怒りがありました。その意味ではひとつの山場を迎えたともいえますが、それと同時にこの半年間、日本の属国ぶりがわかるにつれ、悩みも深まってきました。
[READ MORE...]

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。