みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南カリフォルニアまでドライブ
3週間前の週末、金曜日から月曜日にかけて、夫の親戚に会いに、南カリフォルニアまでドライブしてきました。義妹はサンディエゴの郊外のエスコンディドという町に住んでいます。サンタクルーズからエスコンディドまでは720km。日本でいえば東京から山口県ぐらいの距離です。

日本にいるときに車で長距離、といえば若いときに夜行バスで東京から大阪に行ったり、スキーで長野県まで往復したぐらいですから、これだけの距離を4日間のうちに往復したのは初めてのことでした。

往路は最短距離をとり、州都サクラメントとLAを結ぶハイウェイ5で行くことにしました。金曜日の午後、仕事を早めに切り上げ、3時ごろ出発し、エスコンディドのホテルについたのが11時半ごろでしょうか。グーグル検索で7時間半、とありますが、子連れでトイレや夕飯のために休憩を取りながらのわりには、スムーズにゆけたということですね。

ハイウェイ(HW)5はお世辞にも「風光明媚」なドライブではありません。大型トラック(Semiといわれる、タイヤ20輪のヤツです)が行き交う、荒涼とした風景の中のドライブです。カリフォルニアは沿岸近くは緑豊かですが、一山越えれば、地下水をスプリンクラーで撒かなければ農業は成り立たない、乾燥した気候です。

まっさきに見たのはサンルイス・レザヴォアという巨大な人工湖。カリフォルニアには大小多数の人工湖があって、遠距離までの水需要を満たしています。そしてこの人工湖には当然ダムと水力発電の設備もあります。このあたりではワイナリー、そしてアーモンドやピスタチオといった果樹園が広がっています。

さらに南に下ると緑の量がどんどん減ってゆきます。HWぞいに北カリフォルニアからLA、サンディエゴをつなぐ運河も目にしました。さらに、見渡す限り屠殺を待つ牛がぎゅうぎゅうに閉じ込められたケージが広がる風景や、ぽつん、ぽつんと雁首を動かす石油掘削ポンプも見ました。

カリフォルニアは、20世紀に入るまでは大きな都市が存在することは不可能でした。それはなんといっても水資源がないということに尽きます。ところが19世紀末からユタ州でモルモン教徒が地下水の掘削技術を開発し、また石油を燃やして電気ポンプで水を大量にくみ上げることができるようになり、都市を支える農業、産業用水を確保することができるようになり、LAやサンディエゴといった都市の建設と拡大が可能になったのです。

運河や地下水といった水資源はもともとはロッキー山系の雪解け水が源になっています。温暖化が進み冬季の降雪量が減れば、川や地下水の水位は下がります。爆弾低気圧のような豪雨による降雨は、そのまま海に流れてしまう割合が高く、水の供給はさらに困難になるでしょう。

さて、こちらに来てもうひとつ気になったのは、インディアン居留地の存在でした。エスコンディドの周辺にはいくつかインディアン居留地があり、そのうちのひとつ、テメキュラの町に立ち寄ることになりました。テメキュラはペチャンガというインディアンのトライブの居留地に位置しており、町の中心には、周囲を睥睨するような、唯一高層のカジノリゾートホテルが建っていました。

アメリカではギャンブルはラスヴェガスとニュージャージー州アトランティックシティ以外は違法なのですが、インディアン居留地は連邦政府の管轄外ということで、カジノが建設されることが良くあるのです。居留地におしこめられても、伝統的な狩猟採集で必要な生活の糧を得るには狭すぎる、結局生活保護に頼るしかありません。生活保護に頼るか、ギャンブルよるとしても自立した経済をもてるほうがよいのか、という選択肢を与えられたら、自立を選ぶほうがいいのでしょう。

義妹の友人はペチャンガの一員と付き合って妊娠したのですが、子供が生まれる前に彼が精神的に爆発してしまい、(双極性と診断されたとか)別れてしまいました。仕事をやめてしまって、これから経済的に大変じゃないの?とたずねたら、彼はインディアンとして年金をもらっているので、別れてからも母子を経済的には支援し続けてくれているのだとか。

帰りはHW1を海沿いにドライブ、行きとは違い、美しい海岸の風景を楽しみながらのドライブになりました。途中で廃墟になった「ミッションサンミゲル」を通り過ぎながら、来し方の歴史に思いをはせずにはおられませんでした。

サンディエゴもサンタクルーズも、もともとはカトリックのミッションが始まりの町ですが、今はサンタクルーズ近郊にはネイティブの人々もその文化も全く残っていません。オローニー(Ohlone)という人々がいたのですが、スペイン人の持ち込んだウィルスによって人口が激減、残ったわずかな人々も生活の糧を失い、周囲に同化するしかありませんでした。

この旅をきっかけに、アメリカの先住民の問題にちょっと興味がでてきました。たまたまPBSの”American Experience”という番組でアメリカインディアンの歴史ドキュメンタリーを連続してやっており、今まで17世紀のサンクスギビングのもとになったエピソード、そして1812年の米英戦争のきっかけとなったショウニー族のチーフ、テカムセのエピソードの二つの番組を見ました。

PBSはアメリカ政府の資金も入っている放送局ですが、このドキュメンタリーは、インディアン側の視点がプロデューサー、語り部として中心になっており、アメリカの暗部に光を照らす良心的な番組になっていると思いました。

日々の生活で気付かないこと、この4日間のドライブで新たに心にひっかかるものがでてきました。

スポンサーサイト
AT&Tが不通に - 組合員が報復のうわさ
昨日(4月9日)カリフォルニアベイエリア一帯で、携帯を含む電話が全て不通になるという事故がありました。サンタクルーズエリアも影響があり、静かなオフィスに「連絡がつかないぞ」というEメールがどんどん舞い込むという奇妙な朝になりました。

これがネット時代であったから一応は仕事になったものの、銀行はすべて閉店、またクレジットカードも店頭で全く使えない、ビジネスに甚大な影響をもたらしました。銀行は全てオンライン業務ができないからなのか、と思ったら、そうではなくて、オンラインのセキュリティーシステムを使っているので、入り口の開錠ができなくて、誰もオフィスを開けられなかったからなのだそうです。

はじめから私のボスは「日曜日でCWA(ケーブル労働者組合)とAT&Tの契約が切れたはず。これはアクシデントじゃない。内部の犯行に決まっている。」と言っていました。

その日のうちにこれが光ファイバーケーブルをマンホールから侵入した何者かがチェーンソーで切断したからだということが明らかになりました。(関連記事

AT&TはTwitterまでも使って、懸賞金を出して犯人探しをしています。

わたしはアメリカで労働者の権利がすごく尊重されないこと、身近な人々が組合活動全般に関して諸悪の根源のように言うことにときどきびっくりします。日本で大企業に就職するとホワイトカラーでも新入社員は全員組合にも加入させられるのとは大違いです。

CWAのおかれた状況がどうであったかはよくわかりません。組合員の不満に対しても心情的にはなんとなく同情してしまいます。でも「スト」とかでなくていきなりチェーンソーでケーブルを切断、というのは消防や警察といった市民の安全のインフラまで停止させる反社会的な行為です。

CWAの中の政治に不満だった少数者の犯行なのか、それとも組合の立場を悪くさせたい何者かの犯行なのか、真相はいまだに闇の中です。





テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

小売と新聞の死、オーガニックビジネスの成長
昨日地元のショッピングモールの近くを車で通りかかったら、地場のGottschalks(ガッチョークス)というデパートが「閉店につき全60%オフ」という看板を見かけました。昨年末にはMervyn'sというやはり北カリフォルニアベースのデパートが倒産したばかりなので、地元のモールにはMacy'sとSearsという全米チェーンしかなくなりました。

Gottschalksはやや年配向けの品揃えという印象はありましたが、地元では信頼のおける老舗というイメージで、結婚当時ここでウェディングレジストリーを作り、サンタクルーズでの披露宴に招待した人々にこちらでギフトを買ってもらったので、ここがなくなってしまうというのはかなりショックでした。

Macy'sといえばNY本店のサンクスギビングのパレードでも有名な全米チェーンですが、ここも景気低迷で売り上げは大幅ダウンしているようで、株価もがっくり下がっています。一般のアメリカ人は銀行預金の額ではなく、クレジットカードのスペースに基づいて買い物をするので、カード会社が軒並みクレジットの限度額を下げている現在、収入が下がっていない人も買い控えをするようになるのだと思います。

時を同じくして全米で問題になっているのは新聞各紙の存亡です。アメリカには日本のような全国紙というものがなく、NYタイムスやワシントンポストのような大手新聞も、それぞれの都市をベースにしています。わたしの住むサンタクルーズの地元紙、サンタクルーズ・センティネルは昨年サンノゼマーキュリーに買収され、ダウンタウンのオフィスが閉鎖されたのですが、今度は大手誌のサンフランシスコ・クロニクルが閉鎖の危機に陥っています。(関連記事

オーナーであるハースト社が、従業員が大幅給与カットなどに同意しなければ廃刊にする、と脅しているのだそうです。2月の末にはフィラデルフィア・インクワイアラーが倒産したそうで、全米で軒並み広告収入の激減とともに各新聞も廃刊の危機にあるのです。

広告主の予算が激減していることも事実ですが、ネット上では広告収入が増え続けている、フェイスブック、トウィッターといったメディアがあります。明らかに広告主が広告を出す媒体を変えているのです。またアマゾンの2008年Q4は対前年で18%の伸びだそうです。

今回の不況は、紙媒体や現場の小売、というビジネスモデルを基本的に淘汰するものになったようです。

ところで、サンタクルーズで目立った成長を見せているビジネスがあります。それはニューリーフNew Leafというオーガニック&自然食品のチェーンです。ここのポリシーは、極力オーガニック、サステイナブル、なおかつ地元農家優先の仕入れ、ということで、つい先月にも我が家から歩ける距離に、大型店舗がオープンしたばかりです。全米でもホールフーズWhole Foodsという同様のチェーンが爆発に成長しており、サンタクールズにもすでに1店舗がオープン、さらにもう一店舗オープンの予定です。

書籍や新聞はオンラインで購入、というのはわかります。さらに洋品や家電はショッピングモールで手にとって見、試着し、オンラインで価格を比較して購入するわけです。そして、食品のように新鮮さや安全性といった、手にとって確認したいものは、今後も売り場を必要とする小売で、というわけですね。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。