みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/13の太田総理の真剣さ、そして意外な中国の立場
金曜日の夜、テレビをつけたらたまたま「太田総理と秘書田中。」をやっていて、この日のマニフェストが「アメリカとの同盟関係を一旦白紙にします。」でした。

テーマがテーマだけに、これはちょっと引き込まれるように見てしまいました。太田光の論点は、
-アメリカは「年次改革要望書」で、アメリカに都合の良い政策を日本に押し付けている
-アメリカとの同盟で、アメリカ自身でさえ正しくなかったと言っているイラク戦争につきあわされている。自分はアメリカの戦争に加担したくない

ということでした。

民放のゴールデンタイムで「年次改革要望書」がはっきり出るまでになったのか、と感慨も深いものがありました。日本も要望書を出しているけれど、アメリカにことごとく蹴られているという事実に対し、「日本の交渉力が弱いせいだよ」とべらんめえ口調でなじるケビン・クローンって何者?なんとまあ下品なしゃべりをする人だろうか。

日米関係がいかにアンバランスかという論議がひとしきり続き、田中光が石破茂に対し、「これがフェアなものだったと思っているのですか。」と詰問したときに、石破茂が「やはりアメリカに守ってもらわざるを得ない以上仕方がない」(はっきり言わなかったけれど、経済的に不公平な関係は、軍事的な保護の代償だと言ったも同じ)といい始めました。

結局飲食店を経営する弱小経営者が、暴力団に守ってもらうために(?)みかじめ料を払ってるのとおんなじなのかあ、、。あぅぅ

ここで最初は経済の話だったのが、ぐっと安全保障の話になって、いかに日米安保が日本の平和にも重要であるか、子供に諄々と説き聞かせるような口調の石破に対し、こめかみに血管を浮かせ、真っ赤になって「オレは戦争で殺す側じゃなくて、殺される側にいたいんだ!」と熱弁を振るう太田の気迫がすごくて、ちょっと感動しました。

このマニフェストに対しては、共産党の議員とか、ふかわりょうとかが「賛成」にまわっていたのですが、意外だったのが、中国人の王曙光という拓殖大の教授が、反対にまわっており、中国からすると日米同盟がなくなるということは、北朝鮮に対抗するパワーの空白が生まれ、中国にとっては望ましくないと言ったことでした。

考えてみると、中国は靖国問題に関しては盛んに発言しているが、「9条改正」問題に関しては、中国からの批判が目立つという印象はわたしにはないんですよね。

今の日中の雪解けムードには、アジアでのプレゼンスを徐々に中国に譲りたいアメリカの意向も働いていると思われるんですよね。(そうすると、最近なぜ「慰安婦」のことも含め、アメリカが日本とアジアの関係改善に対するプレッシャーを強めているのか、説明がつく気がするんです。)

北朝鮮に対する「抑止力」という面では、中国はある程度米軍が今後退いていくならば、日本の軍に抑えを効かせてほしいという要請があるのでしょうか。だからこそ、「戦前の軍国主義の復活はない=靖国参拝はなし」という言質が明らかにならなければ、日本の国軍の復活も政治的に許すことができない。逆に言えば、そこがはっきりしていれば、おそらく中国は憲法改正も、自衛隊の「自衛軍」への改組にもあまり反対しないのかもしれません。

どんな「アメリカ以降」をアジア諸国が望んでいるか、と考えてみても、「中国一人勝ち」は中国もほかのアジア諸国も望んでいないのかも。ちょっとこれは考えたことがなかったので、今後のお勉強課題となりました。

でもね、太田総理が「オレが日本という国を誇りに思えるのは、憲法9条で過去60年間戦争をしてこなかったからだ!」と言い切ったのには、やっぱり感動しました。結局このマニフェストは番組内では大差で否決されましたが、興味深かったのは、番組のホームページ上では僅差での否決でした。太田総理の熱弁が視聴者を動かしたということかもしれません。







スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

こんにちわ。
私もこの番組見ていて感動しました。やっぱり太田さんには頑張って発信し続けてほしいです。いろんな圧力があると思うけど・・。それとえなりかずき君も頼もしかったです。
【2007/04/16 21:59】 URL | 凛々 #- [ 編集]

凛々様
コメントありがとうございます。
この番組を見て、「太田みたいな青臭い考えはダメだ」というイメージをメディアは流したがっていると感じるんです。でも、わたしや凛々さんのように、素直に感動する人間もいるのが希望だと思っています。
【2007/04/17 10:12】 URL | みーぽん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miepong.blog81.fc2.com/tb.php/20-4ffe43a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「選挙に行こう!」キャンペーンは最大の政治活動である。

さすがに亥年選挙の年だ。早くも今度の日曜日は統一地方後半選と参院補選がある。しかし盛り上がっているのは政治家とその利権に関わる周辺と政治ブロガーだけか?(笑)それくらい前回の都知事選にしても各選挙地区にしてもな らんきーブログ【2007/04/16 22:23】

米国議会に慰安婦問題はどう報告されたか――【結論】部分全訳

前エントリーでお知らせした米国議会調査局の「慰安婦システム」に関する報告書のうち、4ページにわたる【結論】部分の全訳を掲載します。 ちょっと長いですが、この報告書が下院議員に配布されて、審議の参考にされるので とむ丸の夢【2007/04/17 17:29】

プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。