みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国益のためなら腐敗は正当化されるべきなのか
松岡大臣の自殺はショッキングでしたが、「還元水」のみで死ぬわけは無く、また「安倍が辞任させなかった」こと以上に深い根っこの問題はあるわけで、ちょっと文章に落とせるほど消化するのに時間がかかりました。

松岡大臣の死がわたしに投げかけたおおいなる疑問は、「国益の保護」のためなら、談合も癒着も正当化されるべきものなのか、ということでした。

都会育ちのわたしにとって、自民党の議員が地元の企業から賄賂をもらい、地方に仕事を持ってきつつ、特殊法人の天下り先も確保する、、この構図にはずっと嫌悪感をもってきました。これがわたしが長いこと国内の政治に関心を持つことができなかった理由でした。

死の理由が自殺か他殺かということはどちらであれ、さまざまな記事を読むと、農政、そして農水族が市場開放の圧力にさらされて追い詰められていたことが伝わってきます。
松岡氏が安倍政権に参加できたのは、郵政選挙の際、亀井静香を裏切って小泉(飯島)にすり寄ったからであり、辞任の圧力を安倍が抑えてきたのも小泉サイドの力によるものだったそうです。だとすれば、既知の農水関係者の利益に反しても牛肉輸入の解禁も含め、農産物輸入自由化などの政策の遂行をすることが条件とされていた、という説明も腑に落ちます。

6月11日号のアエラには、松岡氏が女性問題などのもみ消しを、食肉大手のハンナンに依頼して借りができていたこと、そしてハンナンの狂牛病関連補助金の詐取には農水関係者からの情報抜きに不可能だったのでは、という示唆がされています。また地元では事務所費問題以来支持基盤もだいぶ弱まっていたとも書かれてます。

松岡氏自身がプレッシャーを感じる要因は色々あったと考えても自然に思います。

今回ブログメディア上には、検察の緑資源機構に対する「国策捜査」と米国の利害をからめ、米国批判&松岡氏擁護の論調が時々散見されます。もしそれが本当であれば、松岡をやめさせなかった小泉&安倍は「現職のまま捜査させる」ことを敢えて狙った上で、農水族を完全につぶそうとした、、という構図なのでしょうか?

陰謀があったかどうかはともかく、農水行政に明るくないわたしにも、巨額の補助金が出ていたにも関わらず、農業や林業の本当の振興とは無関係な、使う人の無い林道の建設などにお金が使われることは、地元でも一部建設業者にしか利益のまわらない、近視眼的なお金の使い方であることは良くわかります。

都会人のわたしが地方について(現状の知識ほぼ無しで)考えることは、有機農業を振興させて国内だけでなくアジアの富裕層にもどんどん売ったらどうかなあ、田んぼの真ん中の看板を撤去して、景観を改善して、ハコモノを作る代わりに旧家の保存にお金を回して、アグリツーリズムをやったらどうだろうか、引退する農家が多いのだから、新規参入を個人レベルで促進しても、農地は埋まらないだろう、福祉を担保する予算を確保するには、現金収入を生む産業を若い人が興しやすいようにすべきじゃないか、残念ながらこの程度です。

そして「地元に中央から仕事を持ってくる」という発想から「地元から中央に発信する」という発想への転換は、宮崎のような例を見れば、一つの可能性であるように思います。

戦後の日本が、産業化と生産力の増大を至上の課題としてまい進するなかで、アメリカからの農産物の市場になることが要請され、産業の成長の果実を地方に分配するにあたり、地方に「とりあえず土木工事」以外の選択肢をほとんど生まなかったことは、擁護されるべきものなのでしょうか。それともそれは官僚、議員、一部地元業者の怠慢として糾弾されるべきものではないのでしょうか。

「国策捜査」は実は国益を狙うだれそれの陰謀、、という話は脳裏におきつつも、その「国益」は単に旧来の既得権益維持の意味であって、国民の自立に対する活力を奪っていないか、やっぱり考え込まずにはいられないのです。

参考記事(6月7日追加)
農林水産大臣自殺の背景
松岡大臣 林道整備 BSE














スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miepong.blog81.fc2.com/tb.php/30-1da309c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私もあなただ! 青臭いのも一緒だ^^! 【比例区は天木直人氏】

人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるためによかったら協力を♪参院選までブログ記事上部に投票ボタンを設置中!ヨロシクお願いします。今現在のネットの力を試すにはもってこいの最高の方が参院選に立候補 らんきーブログ【2007/06/05 16:01】

地方の風景

私の住む地方都市で伝統あるミッション系の高校の閉校が決まり、正式発表された。少子化の影響で、生徒確保が難しくなったようだ。日本各地で同じようなことが起こっている。過去10年間で廃校になった日本全国の公立小中高校は2000校にものぼる。また、今年少し持ち直 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・【2007/06/05 22:38】

追いつめられるシングルマザー  コイズミ再登板

「追いつめられる シングルマザー」 今朝のNHK生活ほっとモーニングのタイトルです。  来年の4月から、シングルマザーに支給されている児童扶養手当が減額される問題を扱い、朝の貴重な1時間でしたが、つい引き込まれ とむ丸の夢【2007/06/06 15:02】

プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。