みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相次ぐ航空会社の閉鎖-空の旅は庶民に手が届かなくなるのか?
日本ではガソリン税が話題ですが、こちらでもとうとう1ガロン4ドルを超える今日この頃(10年前は1ガロン2ドル前後だった気がする、、)相次いでアロハ航空、そしてATA航空の破産&運行停止が発表されました。

これが実は他人事ではなかったのです。義母は3月31日に、アロハ航空のホノルル-ヒロの最終便に、義理の大叔父は4月2日にATA航空のホノルル-オークランドの最終便に乗り合わせるはめになりました。

私の主人の大叔父(ようするに主人の日系人の母方のおじいちゃんの弟、以下アンクル)は、ハワイでかの442連隊のメンバーとして、ヨーロッパ戦線に従軍した経験を持っています。この連隊は除隊してからも結束が強く、今年3月にもホノルルで同窓会が開かれました。(脱線ですが、ちなみに最近亡くなった義母の母方のおじは442連隊がドイツに駐在中に、現地の当時16歳の少女と知り合い、結婚してハワイに連れ帰ってきました。)

アンクルは本来なら夫婦で参加したかったはずですが、1月におばに先立たれたので、主人の母がパートナーとして参加することになったのです。

いつものように利用するアロハ航空やATA航空で旅行の手配をしたところが、数週間後に会社自体が消えてなくなってしまうとは思いもしませんでした。

両方ともすでに2004年に連邦破産法(チャプター・イレブン)の申請をしているので、経営難ではあったのです。ATA航空の破産は、軍から請け負った業務(軍人の輸送など)がキャンセルされたことが直接の原因になったようです。(関連ニュース)カリフォルニアからハワイ島に行くには、以前はホノルル経由で行くしかなかったのが、ATAがオークランドからハワイ島のヒロに格安の直行便を出すようになって、非常に重宝していたのです。オアフ島以外に頻繁に行く旅行者にとっては、サウスウェスト航空しか選択肢がなくなり、ダイヤ、価格面でも大きな影響が出るでしょう。

アロハ航空の場合は、go!エアライン、というアリゾナ州に本拠を持つ格安航空が、地元航空会社(アロハorハワイアン)が独占していたルートに進出してきたことが大きかったようです。(関連ニュース

どちらにしろ共通しているのは、燃料価格が急上昇していることと、価格競争が激化していることが同時に起こった、ということだと思います。それ以外の経営面での力量ももちろん試されているわけではありますが、もうひとつ考えさせられたことがあります。

それは、今後民間航空というものは、どこまで生き残れるのか、という疑問です。そもそも巨大な機体を飛ばすために大量の石油を使い続けること自体が、CO2排出量からも、資源の有限性という観点からも問題は大きいわけですが、それは置いておいても、近い将来石油価格が大幅に下がるという見通しがない以上、よほどの技術的なブレークスルーがない限り、一般人にとって空の旅自体また手の届かないものになるのでしょうか。わたしにとって、日本に里帰りすることも、両親の世代にとっての海外旅行のようなぜいたくになってしまうのでしょうか。

そんなことになったら、世界中の観光産業も大打撃を受けることになるでしょう。でも、それはとても起こりうる現実ではないか、とあらためて気づかされました。皆さんは海外旅行が気軽にできなくなることは、わたしたちにどんな影響があると思いますか?

人気ブログランキング人気ブログランキング
に参加しています。 記事が面白かったと思った方はクリックしてみてくださいね♪




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
エエ夢見せてもらった、ということで。
ここ30年くらいの間、石油が安かったことで確保出来ていた、いわば徒花だったということでないでしょうか。例えば日本でも、佐渡には、いまだにセスナしか飛んでいず貨客の圧倒的多数は、フェリー運送だったりするわけで、
「よっぽど急ぐ人だけ飛行機利用」
が今後定着していきそうですね。
【2008/04/06 22:04】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]

それに賛成なんですが...
>エエ夢見せてもらった、ということで。

デルタさんの仰ることに私も同意なんですけどね。私の感覚からしても、飛行機は贅沢で、まして国際線なんて高嶺の花。高嶺の花がもっと高いところにいったって、高嶺の花であることには変りはないわけで。言ってしまえば、別にどちらでもいい。問題じゃなんです。

でも、みーぽんさんの立場だと違うだろうな、とも思う。贅沢じゃなく、ごく普通の生活を送る上で必要なものでしょうから。

立場が違うと、評価は難しいです。私たちの立場だけでモノをいうだけなら楽ですが...。
【2008/04/07 07:18】 URL | 愚樵 #- [ 編集]


>皆さんは海外旅行が気軽にできなくなることは、わたしたちにどんな影響があると思いますか?

暇があればブラリと海外に出たい私にとっては、とても苦しい状態に・・・。
案外、海外旅行は「安い」んですよ。運賃は国内よりも高いですが、その他の部分が安いですからね。特に円高になればさらに安くなるので、国内旅行よりも海外旅行が増えたのはその影響です。

【2008/04/07 12:53】 URL | わくわく44 #- [ 編集]

コメントありがとうございました
デルタさま、愚樵さま、わくわく44さま、

皆様コメントありがとうございました。
そもそも海外との交流が贅沢になって減れば、わたしのような国際結婚の例も減るんでしょうね。まあ一部の金持ち層を除けば3,40年逆戻り、ということで。

飛行機による移動に限らず、石油文明のあらゆる側面が、ひとときの夢だった、ということになるのでしょう。

ただ、燃料・航空業界も代替燃料を真剣に検討していますから、ここ5年10年は難しくても、15年後ぐらいには液化天然ガス、とか藻由来のバイオ燃料とかで飛行機が普通に飛ぶようになるかもしれませんね。
【2008/04/11 06:42】 URL | みーぽん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miepong.blog81.fc2.com/tb.php/67-a54ad0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベーシックインカムと「仕事」

ベーシックインカムについては、前にも一度、ごく粗雑な文章を書いたことがある。ベーシックインカム(Basic Income:BI)とは、「すべての個人に... 愚樵空論【2008/04/09 06:04】

『靖国』から神の国を考える

冗談でしょっ! 明るい未来は手の届くところに来ている  エクソンモービル ? とは、今朝初めて知ったテレビCMのせりふ。 実... とむ丸の夢【2008/04/14 14:02】

調査捕鯨は国策なの? 妨害行動を非難するばかりですが、何か隠してませんか

南極海で調査捕鯨を行っていた日新丸が帰港した15日をはさみ、調査捕鯨に対する妨害行為について、私の知る限りで3種類のニュースがNHKで流さ... とむ丸の夢【2008/04/17 13:35】

貨幣経済への疑義――争うための経済

私は貨幣というものに対して疑義を抱く人間である。この疑義をいつごろから持つようになったのか? 漠然とした疑いはずっと以前から持って... 愚樵空論【2008/04/17 22:24】

プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。