みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベット問題について考えてみる
ひっそりとダライ・ラマの来日も終わり、ブログ界でのチベット関連の議論も一巡したようです。
ここ数週間、わたしは考えがまとまらぬまま、各ブログ、チベット亡命政府のサイト、Youtubeなどでチベット問題についてわたしなりに学んできました。

その中にはいろいろな見方がありました。

1.中国政府による少数民族の人権弾圧である
2.米国(諜報員、ラジオなどを通した)による扇動であるという見方
3.共産党は封建的な神権政治による階級社会だったチベットを解放したので、もともとの下層民はダライ・ラマの帰還を喜ばない、という説
4.「平和的な」デモに対する弾圧なのでなく、チベット人が漢人に暴力を振るったからだ、という見方

もちろん大多数の意見は1に集約されているわけですが、2,3,4のそれぞれにも一定の事実の裏づけはあるわけで、単純な断罪はできないなあ、というのがわたしの思いです。今回初めて知ったことも多々ありました。

たとえば、1950年代にはヒマラヤでのプレゼンスを維持したい英国政府が、中共に対抗するためにチベット僧たちに武器を提供したこととか、その後80年台まではチベット亡命政府はCIAから資金援助を受けていたこと。これはニクソンによる米国の中国との国交回復で終わりを告げました。

また、チベットは桃源郷であったように描写されがちですが、チベット仏教はインド文科圏の影響が完全には無くならず、人口の90%以上は苗字も持たない農奴であり、土地は一握りの僧や貴族に所有されていたこと。亡命したチベット人の証言はやはりどちらかと言えば恵まれていた層に属する人々からの証言である、ということを勘定に入れる必要があること。

平和的な行進を始めた僧侶の列に、民衆が加わって暴徒と化し、漢人に対する暴力は実際にあったということ。

それから当初はあくまで領土問題、つまりインドに対抗する上での地政学上の要衝ではあっても、辺境の貧しい地でしかなかったチベットが、中国の経済成長に資する豊富な資源を有する地として重要性が近年増してきたこと。

これらのことを知った上で、チベット問題とは何か、ということを考えてみました。

お時間があるとき、ぜひ読んでみていただきたいサイトがあります。
ルンタ・プロジェクトの「亡命チベット人たちが語るチベットの真実」です。

これを読むと、チベットの人々にとって、貧しくともチベット仏教の信仰を中心とした独自の生活スタイルが大事だったのか、切々と伝わってきます。どれほど中国政府が教育によって、また強制や暴力によって恭順させようとしても、チベット人の独立、自治への渇望は消すことができないのです。

映画で有名になった「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の著者、ハインリッヒ・ハラーは、チベットは非衛生で食生活も貧しく、医療も呪術しかないが、ユーモアや笑いにあふれ、季節の折節の祭儀が、生産性よりも重要視されている、と書いているそうです。(参考サイト

チベットは「桃源郷」だったわけではありません。中国政府が主張するとおり、乳幼児死亡率は下がり、識字率は上がり、飢餓に苦しむことも減ったのでしょう。でも、人間の幸せは数字だけで測ることはできません。

チベットで行われていることと、かつての植民地、南アフリカ、そして現在のパレスチナ、さらにはイラクと重なり合ってきます。百歩譲ってチベットの社会状況が中国の介入で改善したのだと仮定しても、それがチベット人が望んだものではない限り、正当化することはできないはずです。

だからこそ、イスラエルによるパレスチナの占領を支援し、サダム・フセインの独裁に対する解放者としてイラク攻撃を正当化するアメリカが、中国によるチベット弾圧を批判するのは「ちゃんちゃらおかしい」とつくづく思います。

日本人のわたしたちにとっては、かつて大日本帝国の旗印のもと、アジアの人々を苦しめたという過去があります。もちろん欧米の帝国主義に比べ、インフラを整備した、とか教育のレベルも日本人と現地の人々と同等だった、とかいろいろ言われています。中国政府によるチベット政府の支配の正当化は、まるで日本の右翼の過去の植民地支配の正当化と共鳴しているかのようです。

でも、現地の人々が望まない形で、植民地政府への恭順を強制し、逆らう人々を投獄し、拷問し、命を奪ったことは同じです。

チベット問題が語られるときに、「ああ、豊富な資源を巡って、大国の思惑がいろいろあるのねー」とドライに捉えてしまうのではなく、かれらの痛みを私自身の痛みとしてどこまで分かち合うことができるか、そして弾圧者の論理がわたしたちの論理であったことをどこまで思い起こすことができるのか、それが今のわたしにとってのチャレンジなのです。

人気ブログランキング人気ブログランキング
に参加しています。 記事が面白かったと思った方はクリックしてみてくださいね♪

スポンサーサイト

テーマ:チベット問題について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
もっとも強力な侵略について
TBしましたが、入らないみたい。
もっとも強力な侵略についてhttp://iitaizou.at.webry.info/200803/article_14.html
日本は大韓帝国を併合し、食糧生産は上昇し、インフラは整備され、人口は増大した。しかし、人口移動が少なく、最終的には独立した。中国人のほうが徹底しているのでしょうね。
人権侵害は状況です。チベットは立派な侵略であると、論じたいですね。
【2008/04/19 00:34】 URL | 飯大蔵 #mQop/nM. [ 編集]

飯大蔵さま
コメントありがとうございました。

>しかし、人口移動が少なく、最終的には独立した。
韓国が独立したのは人口移動が少なかったからでしょうか?
日本が敗戦したから、ではないのでしょうか?(つまり、戦争に負けなければ韓国を手放すこともなかったのでは、ということです。当然その後泥沼の独立戦争にいたったと想像しますが。)

おっしゃるとおり、チベットの人権侵害が深刻な状況であり、これが中国による侵略であることはそのとおりと思います。

リンクの記事も読ませていただきました。記事への感想はそちらに述べさせていただきたいと思います。これからも意見の交換よろしくお願いいたします。
【2008/04/22 02:26】 URL | みーぽん #- [ 編集]

主題と逸れますが
チベットは1つのまとまりではなく、チベット内部には部族や集団が各々独自性を持っており、ダライ・ラマがチベットを代表しているとは必ずしもいえないのが実情です。(もちろん、シンボルとして存在している面もあります)

今回の騒動についても、確かに鎮圧が暴力的で、かつ、中国政府が情報統制しているせいもあって、情報が十分ではないため、外国からは「チベットの人権を侵害している」というイメージは持たれるかと思います。その点は当然否定できません。ただ、日本国内で報道されているようなものかどうか、といえば、眉唾ものだといわざるを得ないと考えます。



>つまり、戦争に負けなければ韓国を手放すこともなかったのでは、ということです。

必ずしもそうとは限らないといえます。
日本が韓国に求めていたのは、対中・対露からの防衛線、すなわち「利益線」の確保のための港湾、基地、鉄道であって、特に植民地支配する意図はなかったものと思われます。(伊藤博文は植民地化に反対でしたし)

実際、日本の植民地経営は、朝鮮半島どころか50年以上統治した台湾も『赤字』で、日本本土の国家財政からの持ち出しがかなりありました。

また、朝鮮総督府の役人は、ほとんどが韓国人です。朝鮮総督府を立ち上げるに当たって、統監府の日本人役人の処遇について、「総督府は、極力、朝鮮人を採用するので、不要となった日本人は本土に帰せ」という、朝鮮総督府の文書もあります。

おそらく敗戦にならずに講和だとしても、日米安保のような「在韓日本軍基地」程度の条約になって、独立した可能性は否定できません。これは、何も人道的だとか日本が侵略の意図がないというのではなく、「重荷になっていた」という、実に日本の利己的理由によるものです。

蛇足ですが、悪名高い「創氏改名」は、実は、朝鮮総督府が最もやる気がなかったのが事実です。本土政府の推進策に対して、「建前を自主申告」としたのをいいことに「手続料を取った」のです。こうすれば申告が『減る』だろうと。(笑)
理由は「日本名を認めてしまったら、誰が朝鮮人かわからなくなる」ということと「意味がないことで仕事を増やさないでくれ」という、これも現地の日本人の身勝手なんですけどね。
【2008/04/22 21:50】 URL | わくわく44 #- [ 編集]

わくわく44さま
コメントありがとうございました。

おっしゃっているとおり、あんまりわたしのエントリの趣旨に対してコメントをいただいた、とは思えないのではが(笑)。個人的にはわたしのエントリの内容に対して球を打ち返していただけるようなコメントをいただくと、これからも書き続ける励みになりますです。

チベット問題に関しては、日本で一般的に報道されていることを鵜呑みにしているつもりはありません。わたしのエントリを読み返していただければおわかりいただけると思います。

>対中・対露からの防衛線、すなわち「利益線」の確保のための港湾、基地、鉄道であって、特に植民地支配する意図はなかった

ならば別に植民地支配しなければよかったんじゃあないですか?
もちろん最初は赤字であっても、「利益線を確保する」こと自体に利益があり、ゆくゆくさらにリターンを期待したから投資したのでは、とわたしは思うのですが。

「在韓日本軍基地」に対する「反基地闘争」など想像すると、ああ、そうならなくて良かった、とつくづく思います。


【2008/04/23 07:37】 URL | みーぽん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miepong.blog81.fc2.com/tb.php/68-bc30ae1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。