みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不都合な真実に立ち向かう (1)鉄道編
映画「不都合な真実」については以前にも書いたことがありました。乳児連れで実際には映画館には行けそうも無く、DVDを見るのを楽しみにしているところです。

お玉さんをはじめとして、ブログ界でもかなり話題になっていますよね。この問題に関しては、考えていることがいくつかあるので、何回かに分けて書いてみようと思います。

ところで日本の温暖化ガス排出量を世界で比較すると、国別では米、ロ、中について4位、一人当たりではドイツを下回って英国と同程度だそうです。


国土の大きさを考えて、上位3カ国に関しては無理もないと思いますが、一人当たりの排出量が環境大国のドイツ以下というのは意外でした。
ドイツのゴミの出し方とか、物を買わない、捨てない話とか友達からきいていたので、絶対ドイツの方が上だと思ってました!

ドイツの方が寒いから?アウトバーンが整備されていて、重いドイツ車にがんがん乗るから?

おお、ウィキを見てみると、ドイツにはドイッチェバーンという鉄道はあるけど、

現在のドイツにおける、人キロベースの国内旅客輸送の鉄道のシェアは1割に満たないのが現状(自動車が約8割を占める)

と書いてあります。

じゃあ日本ではどうだろう?残念ながらウィキの「日本の鉄道」を読んでも載っていませんでした。でも都市部の住民がほぼみんな電車通勤をしていることを考えると、「1割に満たない」ことはないだろうな、と容易に想像がつきます。

鉄道のメリットってエネルギー効率が良く、排ガスを出さず、事故も少なく、自動車に比べてすごく沢山あります。東京への過度の集中は批判されることも多いけれど、環境を考えたら都市型の生活で、マンションに住んだほうが、田舎の一軒家に住むより環境にも優しいんですよねー。

アメリカでも高速鉄道を建設しようとしては、石油、自動車、航空業界の圧力で何度もつぶされたと聞いたことがあります。大規模鉄道網を建設することは国家事業ですから、税金を大量に投入して、短期の回収が出来ないことを承知で投資するしかありません。(一都市レベルなら、私鉄でもいいでしょうが)。

最近ニュースで青森市が高齢化対策として「コンパクティシティー」構想で、郊外生活者を街中に呼び戻す政策を取って成功した、と読んだことがありますが、これは高齢化対策と同時に、車のいらない生活を促し、環境負荷を減らすことにもつながります。

わたしは昨年、駐車場代と保険、税金を考えてもったいないので車を手放しました。家から駅まで10分弱だからできたことですが、これで我が家の排出量が減ったことは間違いありません。

最大の排出国アメリカが変わるためには、アメリカ人の「生活スタイル」自体を変えてもらわなければいけないわけで、鉄道のない皆さんに「車乗るのやめろ」とは言えません。せいぜいハイブリッドに買い替えてもらうぐらいです。

アメリカでは、イギリスからの重税にあえいで独立をなしとげたという契機もあり、国家事業による富の再配分にものすごく否定的です。だから国民の目に見える国家の事業(鉄道、橋、ダム)の変わりに目に見えない公共(破壊)事業である戦争に頼らざるを得ない。

なんか、環境の話だか、鉄道の話だか、アメリカ批判だかわからなくなってきてしまいました。環境平和、といった何億の人を巻き込む事柄を、市場任せにしていてはいけないということを言いたいのでした。

もちろんCDMといって、市場メカニズムを通してし、温暖化ガスの削減めざすというのはすでに始まっています。それはわたしも賛成して現在勉強中です。これについてはまた触れていこうと思います。

参考記事:
http://www.cent-21.com/repjournal/2006-09.htm








スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
はじめまして
はじめまして。
日本での鉄道のシェアでよく語られる数字は、国内貨物(陸送)での数字です。20年くらい前ですでに、95:5でトラックが圧倒的な状態が続いています。
ヒトまで入れるとどうでしょうね、ドイツとそう変わらないかもしれませんが。

そういえば、電車ばかりでなく、ディーゼルでも、ハイブリッドシステムを実用化しつつあり(JR東日本)、環境対策の点では、鉄道の優位はますます動かしがたくなってくることでしょうね。


ただ、本気で京都議定書のレベルまでCO2排出量を削るためには、

>鉄道のない皆さんに「車乗るのやめろ」とは言えません
程度の変革では達せられないと危惧しています。
私もイナカ住まいだけど、自家用車1台に乗っている人数ってほぼ1人になっている現状は、ほんとここ5年くらいで顕著になったことですから。。
【2007/02/23 00:11】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miepong.blog81.fc2.com/tb.php/7-e2d5746a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お玉よくわかんない・・

コメント欄に修まりきれないので・・こないだの「小泉政権の無惨な失政」が余りにも盛り上がる??のでこっちに書いておきましょう。>マジで国の借金をなんとかしたいなら、低~中所得者の所得税を今の倍にはしないと到底無理です。というコメントがありました。.... お玉おばさんでもわかる政治のお話【2007/02/22 18:12】

「不都合な真実」

「不都合な真実」を見ました。ご存知ゴアさんのグラフや映像を見せながらの講演と、ゴアさんの素顔など(なぜどのように環境にかかわるようになったかなど)で構成されています。 学生のときの恩師が二酸化炭素の量がこのまま増えていくと地球がどうなるか予測していて、 ムルダヴァのように【2007/02/22 23:19】

米国産GMトウモロコシはどんどんバイオエタノールに使った方がよいかも

 トウモロコシの原産国であるメキシコは1994年にNAFTA(北米自由貿易協定)に加盟してから、トウモロコシ生産が激減しました。古代マヤ文明の当時からトウモロコシを栽培してきた先住民族の小規模農家が、米国からの安価な「輸出補助金付遺伝子組換トウモロコシ」の輸出攻 代替案【2007/03/02 09:41】

プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。