みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー・プロジェクト:老人ボランティアで白タク?
最近ときどきテレビ朝日日曜朝10時のサンデー・プロジェクトを見ています。前半の討論では田原総一郎が執拗に「最低賃金の引き上げ」に反対したりして、興ざめですが、後半は1月にもイラン現地取材特集、とか面白い視点で取材してるなあと思います。

おとといの日曜日の特集は、地方の公共交通機関切捨てについてでした。そこでは、高知県の山間部で、お年寄りを病院にボランティアで車で連れて行っていた男性が、ガソリン代をもらっていたことを理由に「白タク」として検挙されたことが取材されていました。





ここでは

1.国は新幹線や地方空港、高速道路など大規模な交通プロジェクトには予算を出す一方で
2.不採算な地方の鉄道、バス路線は「各自治体」の責任として廃止されるままになり
3.一方で「タクシー業界団体」の圧力のせいで、ボランティアやNPOがお年寄りを車で送迎するのもままならない

という問題がクローズ・アップされていました。

車に乗せてもらったかわりにガソリン代を出す、くらいなら私も何度かやったことがあります。そんなのは「お礼」の範疇であって、「営利行為」でもなんでもありません。

そもそも、タクシー代が払えないからボランティアに頼むわけですから、「競合」があるとは考えられません。「客が流れた」と考えるならばタクシー運賃を下げて客を獲得することを考えるべきで、「白タク」だとチクッっておカミに摘発させる、というのはせこすぎます。

そして、同じ村のほかの地域でも、ある女性が自家用車も含めて送迎ボランティアのNPOを立ち上げて、チケット制で送迎サービスを行っていたが、やはり地元の「協議会」の反対で営業車数台でしかサービスを行えなくなった、とか有料のサービスが行えなくなったのでガソリン代ももらわず完全無料でやっている、といった例が紹介されていました。

日本は「ボランティアがなかなか根付かない」と言われつつ、このように地元で助け合いの精神でNPOをどんどん立ち上げている人々がいる、これは京都や奈良で行政にたかって、働かないのに給料を詐病でもらおうとしていた人たちとは正反対のたくましい態度で、ほんとうに尊敬に値すると思います。

せっかくこういった自助の精神が存在するのに、それを育てるどころか「業界のじゃまだから」とつぶしてしまうのは何と愚かなことでしょうか。

タクシー運転手の皆さんだって、引退して老いたり病気をして自分で運転できない日が来たときに、タクシー代を十分に持っているとはかぎりません。業界の圧力でボランティアをつぶしてしまうなんて、市場原理主義の考え方から見てもフェアープレーとはいえないんじゃないかなあ。

ただ、地方との格差との問題はNPOががんばれば解決する問題ではないんでしょうね。地方発信のビジネスが成功する例だって(ユニクロみたいに)本当はもっとあっていいはずだけど、補助金やハコモノ頼りの心性はなかなか変わるのが大変なんだろうなあ。

タクシー業界の皆さん、思い切って新たなビジネスに挑戦してみたらどうしょう?
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miepong.blog81.fc2.com/tb.php/8-a03acee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新自由主義なんてない

 また変な題を付けてしまったが、いまのジミン党政府は「新自由主義」などといわれているけれど、本当はそんなご大層なものではないのではないか、という話だ。 ケインズ政策を批判する人は昔からいて、批判の多くは経済学的なものだったが、その中に政治的意思決定の観点 A Tree at ease【2007/02/28 20:47】

プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。