みーぽんBLOG from カリフォルニア
カリフォルニアから時事、政治、環境、日米比較などランダムに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】「最後の社会主義国」日本の苦闘
4月のあたまに書店で見かけて衝動買いをしてから、ようやく読み終えました。

「最後の社会主義国」日本の苦闘 「最後の社会主義国」日本の苦闘
レナード・ショッパ (2007/03)
毎日新聞社
この商品の詳細を見る


今表紙を見返して、実は妊婦のシルエットが浮かび上がっていたことにようやく気づきました。この本は、日本の「護送船団資本主義」が傾き始め、少子化が進む中、これほど改革の必要性が明らかなのに、改革で恩恵をこうむるはずの企業や女性たちがなぜ声をあげないのか、それは政治的な行動に訴えるより目立たない「退出」という選択肢があるからだ、という視点での分析です。

この本の全くもってオリジナルな点は、日本の「護送船団資本主義」は女性たちが無償で育児や介護を支えてくれていたからこそ成り立っていた、ということを喝破すると同時に、近年の構造改革の試みと、それがなぜ本来あるべき改革とは程遠い姿のままなのか、女性と企業という二つの主体を同時進行的に研究していることでしょう。
[READ MORE...]
【書評】「世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す」
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す 世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す
ジョセフ・E. スティグリッツ (2006/11)
徳間書店
この商品の詳細を見る


スティグリッツの最新刊をようやく読み終えました。日本語のタイトルはやや扇情的ですが、原題の "Making Globalization Work" の通り、グローバリゼーションがうまく働くようにするにはどうしたら良いか、現状批判にとどまらず、今のグローバル経済の歪みを正して、より公平なグローバル社会をもたらすための処方箋を多数示している本です。
[READ MORE...]

テーマ:国際経済 - ジャンル:政治・経済

宗教の経済思想: アマーティア・センに関心が出た
エジプトの憲法改正のニュース、ご存知ですか?明日はわが身かと背筋が寒くなります。

さて「宗教の経済思想」読んでみました。
4334033784.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg


前回読んだ「悪夢の循環」の中で、イラク戦争のひとつの原因として、欧米の資本家たちが中東に本格的に市場経済を持ち込みたいからでは、との推論がなされていたので、イスラムの経済思想にも触れられているし面白いかも、と思ったのでした。

冒頭にウォーレン・バフェットが資産のほとんどをビル・ゲイツの財団に寄付したこと、ビル・ゲイツもビジネスから退いて慈善活動に集中することにしたことを評価し、これが日本人ににはなじみのない、プロテスタント的な価値観から来ているのだとしています。

このトピックについては、日経ビジネスオンラインの「ゲイツやバフェットが愛読する富の福音」に批判的な批評が載っています。(無料でオンラインの読者登録ができますし、面白いエッセイも多いのでお勧めです。)


[READ MORE...]

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

悪夢のサイクル ネオリベラリズム循環
都知事選、朝日の調査で石原が盛り返しているというけど、なぜなんでしょう?不思議、、、。今月の月間現代が石原都政8年の検証レポートと称して、石原銀行や都立大改組の問題も含めて興味深い記事を載せています。おすすめです。

さて前エントリーでも触れた、内橋克人著の「悪夢のサイクル -ネオリベラリズム循環」を読み終えました。
悪夢のサイクル



近年非常に話題になり、またわたしも大いに目を開かされた「拒否できない日本」や残念ながらまだわたしは読めていませんが、「格差社会」の間をつなぐような本と言っていいと思います。いかにして日本が「新自由主義」の罠にかかり、格差の大きな社会に転落しつつある羽目に陥ったのか、そしてそれ以外の選択肢はどこにあるのか、ということをわかりやすく述べています。
[READ MORE...]

テーマ:新自由主義 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

みーぽん

Author:みーぽん
複数の外資系秘書を経て英語通訳者に転身、2007年に夫の地元カリフォルニア州サンタクルーズに引っ越しました。
2年間こちらで環境金融の会社のアドミ&会計を担当した後、2009年からフリーで通訳・翻訳をしています。
TwitterのIDは@miepongです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク



ブログ内検索



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。